海水水槽っていろいろな生き物が知らず知らずのうちに湧いているのですが、
赤い海藻がライブロック周りに結構な量で湧いていました。

海藻って発生するまでは時間が掛かったのですが、
海藻は一度発生すると成長速度がなかなかなスピードなんですよね。環境が合うのかな。

海藻も形が良いものはそのまま残しておくのですが、
景観を損ねるほどに成長したものは手でムシっています。

さて、先日入れたヒフキアイゴですが、最近幅を利かせていた赤い海藻を
導入直後からツンツンと食べ始めました。

ヒフキアイゴ


ヒフキアイゴは植物食性

近所のアクアショップで見かけたとき、その黄色の体色の鮮やかさに惹かれたものですが、
店主より「ヒフキアイゴは草食性で、コケや海藻を食べるよ」と聞き、
サンゴ1つ分くらいの値段でしたので即お迎えしました。

image2
画像にいるのがヒフキアイゴで、10cm弱の体長です。
成長すると25cm近くまで大きくなるそうな。
60cm水槽なのでそこまで成長する前にサイズアップしようかな。

さて、画像下に見える赤いファサファサしたものが、一度ムシッた海藻です。
ヒフキアイゴの導入直後から、この海藻をツンツンと食べ始めました。
過去、植物食性と聞いてカニやヤドカリを入れてもあまり効果がありませんでしたが、
このヒフキアイゴはかなり海藻を食べます。画像の海藻は2、3日ほどで消えました。

また、海藻を良く食べてくれますが、人工飼料も良く食べます
うちにある餌は顆粒状のもの(肉食、草食)やグッピーの餌、乾燥ミジンコ等ありますが、
このどれでも好き嫌いなく食べます。デバスズメダイやキンギョハナダイに負けない食欲。

背びれに毒のあるトゲがあることに注意をすれば、
病気もしにくく大人しく、餌もしっかりと食べてくれる非常に飼育しやすい個体です。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ