過去6、7年のアクアリウムの趣味により、
餌もいろいろと買って使ってみました。
テトラ、プレコ、草食性用、肉食性用等々、
ブラインシュリンプや冷凍アカムシのような餌を除いたフレーク状だけでも結構あります。

淡水、海水それぞれ数種類ずつありますが、
海水魚用の餌は淡水魚用のものよりも若干高い気がします(気のせいかも)。
海水水槽を始めたときは海水魚用の餌のみを与えていましたが、
この価格差が気になり、淡水用の餌を与えたことがあります。
餌


結論を言うと、海水魚も淡水魚用の餌を食べました。それも結構ガシガシと食べます。
成分や材料欄を見ると、どの餌も似通ったものを利用しているので、まぁ食べますよね。

顆粒状、フレーク状のものはゆっくり沈むので、
表層、中層、底層と棲み分けしている生体にまんべんなく与えられます。

乾燥ミジンコは、乾燥しているので沈むことはなく浮かび続けるのですが、
クマノミやスズメダイ、ハナダイ、イシモチ系が集って食べてくれます。
海水水槽立ち上げの初期はまるで食べなかったのですが、人工飼料に慣れてくれたのでしょうか。

ひとまずプレコ用のような沈むタイプの餌でない、
顆粒タイプやフレークタイプは一通り食べてくれました。冷凍アカムシ以外は。。。
海水魚って冷凍アカムシは食べないのでしょうか。淡水魚はどの魚も食べたものですが。。

冷凍アカムシはしばらく冷凍庫に残りそうです。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ