60cm海水水槽の底砂掃除役として導入したクロナマコですが、
水槽右側を粛々と掃除し続ける日々で、そろそろ右側にも行ってほしいところです。


クロナマコの掃除結果

image1 (61)
写真の茶色線から右側は、クロナマコが掃除したエリアになります。
クロナマコが掃除したエリアは、掃除してないエリアと比べると、だいぶきれいになっています。

底砂本来の色が戻る

60cm海水水槽にはもともとマガキガイが4匹いたのですが、
最近2匹ほど30cmキューブ水槽に移行しており、以降底砂の表面がやや茶っぽくなっていました。

この底砂は、クロナマコが掃除した後だと、
水槽立ち上げ初期のようなきれいな底砂の色に戻っています。

底砂が細かくなる

クロナマコが掃除した直後は糞状にモッサリしているのですが、
1日もするとサラサラに崩れてしまいます。
崩れた後は、掃除される前の状態と比べると、
茶コケ等がなくなっているからかとても細かくなっています。

底砂が掘り返されている

表層だけを掃除するマガキガイと異なり、
クロナマコの掃除範囲は1cm以上堀って水槽下面近くまで掘ってくれます。
そのため、気になっていた底砂の固定を解消してくれる存在になっています。

気になる底砂掃除の生体

クロナマコは動きこそ鈍いものの、掃除能力はピカイチで通過したエリアはとてもきれいです。
一方で、機動性のある底砂生体について調べてみたところ、
オニヒメブンブクというウニの仲間がいました。
何を食べているか分からないところもありますが、
動く速度はとても速く、砂に潜る習性があるため底砂の固定を解消してくれるようです。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ